キャッシングは計画的に自分の返済できる範囲で借入をしましょう

ページ

キャッシングは想像していたものとまったく違いました。

私は始めはキャッシングのイメージはそんなに良いものではありませんでした。
キャッシングについてとくに何かを知っているわけではありませんが、ドラマや漫画なんかで知らないうちに悪いイメージがついてしまっていたんでしょうね。
ですので出来れば利用したくないと思っていたんですが・・・身内の結婚によってそうも言っていられなくなりました。
早急にお金が必要になったのです。

ということで恐る恐る消費者金融へ行ってキャッシングしてきました。そこで驚くことになります。
イメージしていたものとはまったく違うんですよね。
申し込み時も非常に対応が良かったですし、親切というか、しっかりしている感じで気が効くんです。本当に驚きでした。

返済の仕方なんかもいくつか自分で選べて、指定銀行の口座があればそこからの引き落としが可能な為に私が何かを毎月やるということはありません。
勝手に引き落としてくれますからね。こんなにもイメージと違うのか、キャッシングを実際に利用してみた素直な感想でした。

キャッシングで気をつけたことがいくつかある

今は消費者金融や銀行で気軽にキャッシングのサービスを受けることができます。
いきなりの出費というのは誰にでもあって、コンビニなどでも24時間誰にも知られることなく現金を借りられるキャッシングというのは非常に便利だと思っています。
それだけに、どれくらいの方が借りているのかはわかりませんが、きっとその借りやすさからかなりのニーズがあるのだと思っています。

キャッシングを利用していると、そのカード会社から借りられる限度額がこちらから希望していなくても上がっている場合があります。
キャッシング業者もたくさん数があります。
期間限定で無利息になる業者は支払い金額が一定だったりと業者によって様々です。
自分にぴったりあった業者でキャッシングすることが一番大切です。

キャッシングで無人契約機を利用したのですが・・・

キャッシングの申し込みはインターネットが一番楽だという話を知人から聞いたのですが、どうもインターネットって苦手なんですよね。
ですが店員と対面というのもちょっと嫌です。けっこう我侭なんですよね。
なので無人契約機を選択しました。
無人契約機ならATMのように機械の操作だけでキャッシング出来るので私には最適、そう思ったのですが・・・

係りの人とテレビ電話でのやり取りがあるんですね。
全ての会社の無人契約機がそうかは分からないのですが、私が利用したところは序盤から最後の方まで電話が繋がりっぱなしのような状態でした。
かえって目の前に店員がいるより気まずかったです。
なので人見知りの人は気を付けて下さい。心の準備が出来る前にいきなり人と話さなければいけなくなります。

他にはとくに大変なこと、面倒臭いことは無いので対人がそれほど苦手ではない人には良いかも知れません。
キャッシングに必要なカードもその場でもらえますしね。
送られてきたカードで家族にキャッシングがバレるなんてことも無く良いと思います。

相談員に親身になって金利を安くする方法を教えていただきました。

家の修繕費が急遽必要になり400万程の費用が掛かる事になったのですが、カードローンで借りようと思い銀行の相談窓口に行く事になりました。
専門の窓口に案内をされ説明を受ける事になりましたが、対応をしてくれたのは融資専門の方で、お客様になるべく負担が少なくなるようにアドバイスをしてくれる方でした。

400万円の融資をお願いした所、300万円まででしたら金利が抑えられると言われ、それ以上だと金利が上がってしまうので、なんとかできませんかと言ってきたのです。
借りて一気に払ったほうが後々楽だと思っていたのですが、金利を含むとそれ以上の負担が掛かる事になり、結局は400万では済まないのです。

なるべく負担額を抑える方法を話をしながら考えて行き、毎月の給料とボーナス月を考えて、これぐらいまででしたら負担無く返す事が出来るのではと、親身になって考えてくれたのです。
本当に身内のように事細かく意見を出してくださり、理想の返済額も相談に乗ってくれました。結局300万円を借りる事になりましたが、貸すだけではなく後々の事も考えて頂けたので、信頼のできる融資を受けることが出来ました。

おまとめローンは審査に通らない

おまとめローンは複数ある借入を一つにまとめる金融サービスということになります。
利用することさえ出来れば、多重債務者にとって大きなメリットがある金融サービスですが、なかなか審査に通らないということが常識になっています。
確かで貸金業者や銀行にはおまとめローンを提供する業者が少なくありませんが、それほど審査が厳しい金融サービスは商品として意味があるのかと考えてしまいますが、おまとめローンの審査は厳しくしなければならない金融業者の事情もあります。

おまとめローンを利用する人はもともとが多重債務者であることは間違いない事実です。
複数の借入をまとめることによって金額が大きくなることも確かですので、サービスを提供する業者から考えてみれば、多重債務者への多額の融資には厳しい審査が当然であるという結論になります。
おまとめローンの利用を検討している人は、審査が厳しいことを前提として検討すべきであるということになります。

結婚式に出席するためキャッシング

去年、偶然にも1カ月に三度も結婚式に参加する羽目になり、一時的にお金が足りない状態になりました。
結婚式を欠席するという手もありましたが、大事な友人が二人と、従兄弟だったので、その手は使えませんでした。
しかも数年間結婚式に参加していなかったので、着ていく服もありませんでした。

非常事態ということで、どうしたら良いか、かなり悩みました。
せめて服だけでも用意できれば、ぎりぎりどうにかなりそうでした。。
実家の母に相談すると、着物を貸してくれると言いましたが、自分では着付けができません。
着付けをできる知り合いもいません。

プロに着付けを頼むと、お金がかかります。だから、結局着物を借りることはできませんでした。
弱り切った私は、最後にキャッシングに頼りました。
でも、借りすぎて返せないと困るので、ぎりぎり来月まで生活できるお金しか借りませんでした。
だから、その月は食卓が貧しくなり、結婚式の料理が一番のご馳走でした。
それからは急な出費に備えて、きちんと貯金するようになりました。

専業主婦のキャッシング

最初は結婚前の貯金があったんです。
数年前に生まれた娘の為に、色々なものをカード通販で買っていました。
主人が貯金出来ない人だったので、私が新居費用や子供の出産準備やら全て揃えて、教育に必要なものを買い与えて。
貯金なんてすぐ底をつくのに、気に入ったものを金額も考えずにカード払いする癖が抜けず、気が付くとリボ払いに手を出していて、それも数社になると月々の支払がだんだん苦しくなってきて、私は気が付いたらまず銀行系カードローンに手を出しました。

今月の支払日さえ乗り越えられれば大丈夫、今だけだから、を繰り返していくうちに気が付けば銀行系以外のサラ金にも手を出しキャッシングの山になっていました。
今は主婦には総量規制があってあまり貸してもらえず、仕方なく自宅でパソコンの入力作業を始めたので、就労者扱いで少しまた貸して貰えています。

まだ、何とか月の支払は利息分のみですが遅延したことはないですが、もうまともな所はたぶん貸して貰えません。

主人に全部話して、債務整理をしたほうが良いのか、悩み過ぎてストレスで月経が止まってしまいました。
早くこの泥沼から抜け出したい、働き口を探さなくては。

キャッシング枠の金額

数年前に一度、不注意でお金を下ろそうとして、キャッシングしてしまったことがあります。
残高がいくらあるのか見ていなかったので、かなり迂闊な行動だったと思います。
そのまま暫く気づかず、利息を取られる羽目になったので、真剣に再発防止策を考えました。
ネットで調べてキャッシング枠を0円にできることを知り、早速カード会社に申し込みました。

案外簡単に手続きは済み、現在はキャッシング枠が0円になったカードを使用しています。
これでうっかり誤操作してしまっても安心です。ただ、緊急時本当にお金が必要な時は、利用することができません。
普段は良いですが、もしかしたら将来的に困る場面があるかもしれません。

そんなことにならないように、収入と収支のバランスを毎月ノートに記録するようにしています。
正直かなり面倒ですが、後でお金が足りなくなると困ります。
現在はノートを記入し始めて3カ月目ですが、手書きの代わりにレシートをそのまま貼り付けるようになりました。
これならお手軽で長く続けられそうです。

キャッシングと家購入

結婚して三年がたち、子供も二歳になった頃、家が欲しいと言う気持ちになりました。
しかし主人からいいよの声がでませんでした。
確かにアパート代に比べたら金額は増えるものの決して手がでないほどではありませんでした。

最初は中古物件を探しました。しかしいいよとは言いませんでした。
次に建て売りを見ました。しかしいいよとは言いませんでした。

そんなとき、キャッシングの延滞のハガキが届きました。
手術はお小遣いから借りては還してを繰り返していたのでした。
そしてそんな現状を私に知られたくなくて家の購入を渋っていたのでした。
聞いてみると結婚前からずっと続いていたようです。
私はとても怒りました。
金額の問題ではなく、ずっと隠していたことが信じられなかったのです。
正直離婚も考えました。
しかし現在はきちんとかえして家も購入しています。
主人は肩の荷がおりたと思います。

キャッシングが全て悪いとは思いません。
しかし借りるからにはやはりかえせる分だけ借りなければいけないと思います。
借り方によっては家族を悲しませます。
その事をわかって借りてほしいと思います。

キャッシングが連鎖すると危ない

私の職場の同僚が利用していた時の体験談です。
パチンコやスロットが大好きだった友人で、大負けしたとかで生活費がなくなってキャッシングを始めました。
仕事もしていて返せない額ではないんです。

私もその友人には貸したことがあったんですが、何回も続いたので金銭の貸し借りはもうやりたくないと断わりました。
他の友人とかからも借りづらくなったのでしょう。
最初は生活費だったのですが、簡単にお金が借りれることが良くないのでしょう、スロットなどのお金に使うようになっていました。
ATMでお金を引き落とす感覚で借りられてしまうのはちょと怖いですね。

そのうち給料が全額キャッシングの返済となってしまう状態となりました。
そしてまた生活とギャンブルのためにキャッシングしたのでしょう、ここからはあっというまでした。
返済のためのキャッシングとなったらしいです。

そしてキャッシングもストップされ最終的に親に相談して全額返済を行ったそうです。数百万とか聞きました。
その後会社を辞めてしまい友人とは疎遠となったんですが、キャッシングって怖いなとおもう体験だったと思います。

そんなはずではなかったお金の話

まさかそんなはずではなかった。そんな経験は皆様も経験した事があるのではないでしょうか?
自分もあります。それはお金にまつわる事でした。
当時年齢は24歳でした。仕事で成績がよく一週間の長期休暇を貰いました。

当時は貯金もなく家でゆっくり過ごそうかと思っていた時に高校の友人から急に連絡が来て海外旅行に行こうと誘われました。
お金がなかったので断りましたが、友人がキャッシングで資金をつくればと提案してきました。
借金は嫌だったので断っていましたが、友人もたまにキャッシングをしていました。
なぜか安心感を覚えて友人にキャッシングの事を聞きました。月々の支払いは多くないから大丈夫と言われてキャッシングを利用する決心をしました。

長期休暇はキャッシングで借りたお金30万円で海外旅行に行きました。
その時は楽しかったのですが、現在は返済に苦労しています。
返しては借りての繰り返しだからです。本当に憂鬱になります。
あの時利用しなければこんな事にはなっていないと思うと後悔しか残りません。